何がメリット?サブスクリプション|ユーザーにとっての魅力とは

さまざまなサブスクリプションサービスがありますが、それはどのようなメリットがあり、どのような人に向いているサービスなのでしょうか。ユーザーから見たメリットを解説します。

サブスクのメリット

サブスクリプションは、商品をその都度選んで購入するのではなく、一定期間の定額制でサービスを利用したり、定期購入したりするサービスです。

その詳しい内容については、以下の記事にまとめていますので参照してください。

サブスクリプションとは|具体例と共に徹底解説!

ここでは、サブスクリプションのメリットについて、ユーザー目線で詳しく紹介します。

選び放題で交換しやすい

サブスクリプションの大きなメリットは、やはり「交換しやすさ・乗り換えしやすさ」という点です。

商品やサービスをその都度選んでお金を払う方式では、買ったものが気に入らなかったとか、自分に合わなかったときに大変です。買ったばかりで「すぐに次の新商品が発売された!」なんてこともありえます。

その点、月額で車や家具、ファッションアイテムなどを借りられるサブスクリプションなら、商品の交換がしやすく、常に最新アイテムを所有し続けても、毎月の出費は変わりません。

月額で動画見放題・音楽聞き放題のサブスクリプションなら選び放題ですから、失敗してもすぐに他の作品に変更できます。

常に最新アイテムを持っていたい人や、気分に合わせてすぐに持ち物を変更したい人、選ぶのを失敗したくない人などにお得なサービスなのです。

高級品が格安で使える

サブスクリプションは高級品に対して特に威力を発揮します。なかなか買うのに勇気がいるような高級バッグや高額なソフトウェアなどを、月額制のお手頃価格ですぐに利用できるというメリットです。

こう考えるとクレジットカードなどの「分割払い」と似ていますが、大きく違うのは「購入するのではない」という点です。サブスクリプションでは借りているだけですから、解約すればすぐに支払いは終わります。使わない月は解約して、使いたい月に再開するということも可能です。

一方の分割払いは、借金をして購入するわけですから、しばらくの間は返済し続けなければなりません。

サブスクリプションは分割払いよりもはるかに手軽に利用できるという魅力があるのです。

手間が省ける

雑誌の定期購読など、商品が定期的に自宅に届くタイプのサブスクリプションは、買い物をする手間が省けるというメリットがあります。

買い物に出かける手間が省けるだけでなく、そもそも商品を選ぶこと自体を面倒に感じる場合に、おすすめの商品を定期的に届けてくれるという定期便系のサービスは便利です。

毎月違うおすすめ商品を届けてくれるタイプのサブスクリプションなら、良い商品を教えてもらえるという、コンサル的な意味でも魅力があります。

経費にしやすい

車など高額商品のサブスクリプションは、経費に計上しやすいというメリットもあります。

会社の経費として車を買っても、10万円以上の高額商品は、全額を一括で経費にすることができません。「減価償却」という形で、毎年少しずつ経費に計上していくことになります。この場合、1年目の負担が大きいのがデメリットです。

この点サブスクリプションなら、毎月の利用料金をそのまま経費にできるというメリットがあります。減価償却の計算をせずに済むのです。

所有せずにすむ

サブスクリプションは、高額なモノを所有せずに利用するという考え方です。モノを所有しないことには、いくつかのメリットがあります。

モノを所有すると、管理コストがかかるのがデメリットです。車なら車検などのメンテナンス費用、住宅なら修繕費などがかかり、それらを所有しているだけで税金が取られます。

モノを借りるタイプのサブスクリプションは、このような管理コストが不要で、修繕費が急に必要になるということがなく、毎月一定の利用料を払うだけですむのです。

また、服や車などを「何種類ものバリエーションで利用したい!」という人なら、何種類も買って家に並べておく必要がないというメリットがあります。

今使いたいものをその都度借りて、使わなくなったものは返却するという使い方ができますから、持ち物が増えて置き場所に困る心配がなくなるのです。

クラウドサービスとしてのメリットもある

これは「クラウドサービス」のメリットですが、動画や音楽など多くのサブスクリプションがクラウドサービスなので、メリットとして挙げておきます。

クラウドサービスとは、自分のPCやスマホにデータを保存したり、アプリをインストールしたりという必要がなく、ネットを通じてデータやアプリを利用できるというものです。

スマホやPCの保存容量を消費しないことや、スマホやタブレットなど複数の端末で共有できることなど、さまざまなメリットがあります。

サブスクはこんな人におすすめ!

 

サブスクリプションは、どのような人に向いているのでしょうか。どのような場合に役立つサービスなのかを解説します。

いろいろな作品・商品を試したい

さまざまな映像作品や、いろいろなジャンルの音楽に触れてみたい」という人にとって、サブスクリプションは大きなメリットがあります。

服のバリエーションを増やしたい」とか、「いろいろな車に乗ってみたい」という人も同様です。

サブスクリプションが無い時代に多くの作品や商品を試すには、その都度お金を払う必要があったので、失敗しないようによく選んで、無難なもの、自分の好きなものだけに限定する傾向があったかもしれません。

サブスクリプションなら、どんどん試して、好みに合わなければ変更するのも簡単です。気軽にいろいろな商品を試すことができます。

分割払いで買おうと思っている

車や高級なソフトなどを分割払いで買おうと思っている場合、サブスクリプションの方がお得かもしれません。

特に「新商品が出たらすぐに交換したい」という人や、「長く使うかどうか分からない」という場合には、乗り換えしやすいサブスクリプションの方が有利である可能性が高いです。

選ぶのが苦手 失敗したくない

商品を選ぶのが苦手」「選ぶのに時間をかけたくない」という人には、おすすめ商品が定期的に届くタイプのサブスクリプションが適しています。

選ぶこと自体をしなくて済みますし、プロに任せることで、失敗するリスクを減らせるというのも魅力です。

モノを借りるタイプのサブスクリプションも、失敗しても他の商品と交換できるので安心して利用できます。

そもそもサブスクリプションサービス自体を選ぶのに失敗しても、すぐに解約できますし、他のサービスに乗り換えるのも簡単です。

買い物をするのが面倒

そもそも「買い物に出かけるのが面倒」、事情があって「出かけるのが大変」という人には、定期的に同じ商品を届けてくれるようなサブスクリプションが便利です。

買い物に出かける手間と、在庫を管理する手間が省けて、「買い忘れた!」というリスクが回避できるというメリットがあります。

サブスクのデメリット・弱点

サブスクリプションのデメリット・弱点も解説します。以下の3つの点が気になるという人には、サブスクリプションは向いていないかもしれません。

自分の所有物にならない

借りるタイプのサブスクリプションは、モノを購入するわけではないので、商品が自分の所有物にはなりません。

普通に購入した場合は、最初に大きな代金を払ってしまえば、その後はお金を払わなくても使い続けられます。しかしサブスクリプションは、利用し続けるには料金を払い続ける必要があるのです。

管理する手間が無く、乗り換えしやすいことの代償として、モノが自分の所有物・資産にならないということです。この点をデメリットに感じる人もいるでしょう。

あまり使わない場合は割高

サブスクリプションは定額制の料金なので、場合によっては今までよりも出費が大きくなり、割高になることがあります。

例えば、動画見放題のサブスクリプションなら、「今まで映画やドラマ、アニメを観るのに毎月いくら使っていたか」を計算し、それよりも定額料金が高くなる場合には割高ということです。

コーヒーが毎月家に届くタイプなら「コーヒーに毎月いくら使っていたか」、服のサブスクリプションなら「服飾費に毎月いくら使っていたか」が基準になります。

自分の生活スタイルにあったサブスクリプションを選ぶことが重要です。

ニッチなものは選べないことがある

これは動画見放題や音楽聞き放題のサブスクリプションにいえることですが、ニッチな作品は配信されていないことが多いという弱点があります。

見放題配信をするには、それだけでサービス提供者側にコストがかかるため、配信できる作品数にも限界があるということでしょう。

一方サブスクリプションではなく、その都度お金を払って購入する形式なら、ニッチな作品でも選べることが多いです。

この点を解消するため、動画見放題や音楽聞き放題サービスの中には、その都度お金を払って購入する形式も併用して利用できるタイプがあります。

まとめ

サブスクリプションサービスのメリットは以下の点です。

  • 選び放題で交換しやすいので、さまざまな作品や商品を試せる
  • 高級品を格安で利用する方法として、分割払いよりも気軽に契約できる
  • 買い物の手間が省ける
  • 減価償却の計算が不要なので、経費に計上しやすい
  • モノを所有せずに済むので、管理コストがかからない